| お問い合わせ | 個人情報取り扱い | 利用規約 |

業務用酒類卸業(日本酒・焼酎・ワイン・和洋酒類・ビール)の中で数多くのプライベートブランド商品を持つ田野屋酒販株式会社

田野屋商人エピソード 田野屋商人エピソード

7年通いつめる。 7年通いつめる。

繁盛させるために必要なのは、派手な提案ばかりではありません。
信頼を得るという行為は、本来とても地味で根気のいるものです。
7年間、毎週のように同じ店に顔を出し、経営者の話を聞きながら、ときおり提案やご指摘をさせていただくことで、徐々に信頼してもらうスタイルもあるのだと思っています。

比較で勝負しない。 比較で勝負しない。

通常、酒販会社の営業であれば、経営者が現在使っている業者と比較し相対的に自社が優れている、というところで提案するものです。しかし、同じ商品で勝負しない、というやり方もあります。商品の原価を下げるのではなく、高利益の別の商品を提案。重要なのは、そのお酒がユーザーに選ばれるかどうかであるため、たとえ経営者にとって利益率の高い商品であっても、売れなければ意味がないと考えるのです。

同じ商品でも、もっと利益を高める手法はないか。 同じ商品でも、もっと利益を高める手法はないか。

原価を下げる。それは酒販会社にとって値引きをすること・・・ではないはず。田野屋では別の手法も提案している営業がいます。詳しくは、ここでは記載できません。実際にご提案させていただきますのでご用命くださいませ。値引きをしなくとも、利益が上がることがあるのです。田野屋の営業は、同じ商品でも様々な角度から検討する、どんな状況でもあらゆる手法を検討する、そのような心がけで提案させていただいております。

提案力だけじゃない。根底にあるのは好かれること。 提案力だけじゃない。根底にあるのは好かれること。

経営者にとって、論理的で説得力のある提案をする業者だけが〝良い業者〟ではないと思っています。当然ではありますが、人として好かれなければ、取引は成立しません。経営者は酒販会社の営業と毎日のように顔を合わせるのですから。話しやすい、無理を言いやすい、真摯に対応してくれる、見栄をはらない。そのような人間性も経営者にとって重要なファクターであると考えます。だから、田野屋の営業は仕事の範囲を超えて、経営者と繁盛店の視察に行ったり、仕事とは関係のない話でも盛り上がるような関係性を構築するよう努めています。

酒販会社ですが、メニューも考えます。 酒販会社ですが、メニューも考えます。

お店は、お酒だけで繁盛するものではありません。味の質を高めることはもちろん、料理バリエーションであったり、どこにもないメニューであったり。メニューづくり、看板メニューの考案なども田野屋の仕事のひとつだと思っています。田野屋の営業全員が「このお店を繁盛させたい」という強く・熱い思いを持っています。だから、上司に言われなくとも、自発的に本来の業務以外の提案、つまり付加価値を提供することができるのです。
メニュー以外にも、おしぼり、食材、店舗物件、アルバイト採用とマネジメント方法、繁盛に必要なものは何でも提案します。それが、田野屋の独自のスタイルであり、経営者との強い絆づくりのための大事な要素です。

とにかくよく働く。 とにかくよく働く。

コンサルティングとは聞こえがいいものですが、実際は朝、昼、晩すべてが仕事のステージ。机上で計算して成り立つものではありません。クライアントの近隣のデータを集める、街の様子を伝える、現在はやっている情報を提供する、繁盛に必要な情報は、自分たちの足で調べています。弊社の社長含めて、手を抜くことができない社員ばかり。そのような風土こそ、各店舗の繁盛に寄与している要因だと思っています。

ページトップ